本店のあるジュラの大地

120725アルボア写真

イルサンジェー本店が所在するのは、フランス東部のジュラ地方。

スイスとの国境に近いジュラ山脈のふもとに位置する、ワインの名産地です。

地名は『森』を意味するラテン語「juria」に由来しており、

その名の通り豊かな自然に恵まれているため、葡萄(ワイン)以外の農業も盛んな地域です。

イルサンジェーのショコラに大胆に使用されているスパイスや果実も、もちろんその時々のジュラの旬の素材がほとんど。

大地が奏でる生命の息吹からは、時代の流れの中で忘れ去られてしまった自然への畏敬の念が呼び起されるよう。

ジュラは時計の製造やガラス細工など、繊細な技術が非常に発達しているため、

「職人の街」と称されることもしばしば。

著名なメーカーやブランドの創設者を数多く輩出している不思議な土地です。

その事実を裏付けるかのように、初代当主オーギュストは古い手記にこの一文を残しています。

「美しい水や緑が人類にもたらす恩恵は、どんな便利や刺激も敵わない。

一面を取り囲むジュラの大自然が感受性を養い育て、創作活動におけるインスピレーションを掻き立てる。」

これは、1世紀以上にわたりジュラを拠点に活動し続ける一族に代々受け継がれている、

イルサンジェーの創作哲学ともいえるかもしれません。

2013_0414-photo2
イルサンジェーのショコラは、1粒1粒合計5日間以上かけて作られる、すべて手作り。
d4065-152-402965-0
イルサンジェーのショコラは、創設1902年から製造方法を、100年以上変えていない。
120924-hirsinger00
イルサンジェー4代目当主 エドワールイルサンジェーは、自身のショコラを通してジュラ地方を世界に広めようと、フランス国家最優秀職人賞(MOF)を受賞した。

Photographer : Natatsuka kousuke


人間国宝と同等のフランス国家最優秀職人賞を受賞した
イルサンジェーのショコラは、
フランス アルボア本店と、銀座ブティックのみの取り扱いとなります。

◆イルサンジェー銀座ブティックのご利用方法や場所について、こちらをクリック