イルサンジェーのショコラたち

s_176

現在の当主、創業者オーギュスト・イルサンジェーのひ孫にあたるエドワール・イルサンジェー。
またの名を「苦味とテクスチャーの天才」。
カカオの風味とショコラの質感を思いのままに操る、才能豊かなショコラティエです。

1993年にブランドを継承して以来、持ち前のセンスで代々受け継がれる伝統技術に磨きを懸け、1997年には33歳という若さで「M.O.F(フランス国家最優秀職人章)」を受章し、フランスを代表するショコラティエとして認められました。
ショコラティエ部門におけるM.O.Fは、現在世界にたった18名のみ。
それは、日本の「人間国宝」に匹敵する名誉です。

このM.O.Fの受章を機に、エドワール・イルサンジェーの名は、世界中に知られることになります。

高度な技術力に加え、豊かな独創性と個性に満ちたショコラたちは、瞬く間に世界を虜にしました。
最大5日間もの製造期間を要し、2名の選ばれしショコラティエの手で作られる奇跡の味。
その味を求め、多くの人々が国境をも越えフランスの本店に訪れます。

「先代が想いをひとつに守り続けてきた伝統の味を後世に残し、同時に革新的なアイディアで世界を圧倒させる」それが自己の使命であるとエドワールは断言しています。

エドワールのショコラは今後、ショコラ界に大きな革命を巻き起こし、世界を感動と驚嘆で包み込むことでしょう。


人間国宝と同等のフランス国家最優秀職人賞を受賞した
イルサンジェーのショコラは、
フランス アルボア本店と、東京ブティックのみの取り扱いとなります。

◆新しくなった銀座ブティックの魅力はこちら