秋のショコラ、先行販売分が終わり、本製造分が東京ブティックに到着いたしました。
今回、到着したのは3点のショコラたち
1、マロンクリーム・バニラガナッシュ ¥840
2、グリーンカルダモンガナッシュ ¥840
3、サフランのマジパン ¥840
※1粒からでもご購入頂けます。

s_img_2203

全7種類のショコラオータムが東京ブティックに揃いました。

フランス人間国宝のエドワール・イルサンジェーが、秋の果実をアルボアの裏山で収穫したものを使用。

まるで宝石のような、色とりどりの組み合わせが楽しめます。


マロンクリーム

エドワールの作るマロンクリームは、フランスのパティスリーの中でも絶品のものです。
栗を拾う作業は、エドワールと工房のお弟子さんたちで厳しく選別して行います。
取れたてのマロンの皮を剥く作業はお弟子さんとエドワールの家族が集まり、
団欒のようなひと時になるそうです。

 

d11472-383-356717-6

 

マダガスカル産の最高級バニラのガナッシュと、秋の定番フランス産マロンのマリアージュが秀逸。
バニラとマロンの伝統的な組み合わせは、王道の味わい。
匠の技を堪能できる一品。

s_d11472-383-793622-11


グリーンカルダモンガナッシュ

実はハーブのカルダモン、フランスではお菓子に使われることが多いとか。
ハーブとお菓子の組み合わせを大切にしているエドワールが生み出した、大人が楽しめるショコラです。

 

s_d11472-383-370018-7

アーモンドをキャラメルで煮詰めて、ピマン・デスペレットというフランスのバスク地方産の唐辛子を入れ、ヌガーを別に作ります。
ヌガーを伸ばし、1つ1つカットし、最後にカルダモンのガナッシュにのせて作られています。

ショコラの食材としては使われることの少ない「カルダモン」と「唐辛子」。

「神様から教えてもらった組み合わせなんだよ」と話すエドワール。

名門ショコラトリーで受け継いできた技術と伝統と、さまざまな経験から湧いてくるアイデアにより、逸脱したショコラを作り出すエドワール自身を表現したともいえるショコラです。


サフランのマジパン
フランスのお菓子では、マジパンは子供に人気で昔から馴染み深いもの。
エドワール自身も好んで、マジパンのお菓子を食べていたようです。
自分でもマジパンを作るようになり、大人でもマジパンの美味しさや、ワインとの相性が楽しめないかと、工夫しているとのこと。
ほとんどの製造所は機械の導入や、外注でマジパンの製造をしている中、イルサンジェー一族は、昔から、マジパンを自家製で作っています。

 

d11472-383-842932-8

 

美しいクロコのデザインが独創的。
香り華やかな、最高級スパイスのサフランをふんだんに使用。
サフランの黄色が鮮やかな、色粉不使用のパートダマンドが、ワインとのひと時を楽しませてくれます。

d11472-350-873706-6

d11472-383-153037-12


d11472-383-705621-13

ひとつひとつが丁寧な手作業で作られています。

ご購入は、下記ご来店予約フォームから、
ご予約を頂き、
東京ブティックでご購入ください。

ご来店予約はご予約フォームのリンクからお願いします。
http://goo.gl/forms/U3AWWvl4y3