10月に毎年空輸で到着する、秋の新作のショコラが、
50個限定 数量限定でいち早く、東京ブティックにて発売することが決定しました。

イルサンジェーの工房で作られた出来立てのマジパン

今回発表となった、秋のショコラ最後の作品は「マジパン」のショコラです。

イルサンジェー4代目自身が今も手作りでマジパンを作っています

●2000年開発 サフランのマジパンのショコラ

サフランのショコラ

マジパンとは、砂糖とおアーモンドを挽いて練り合わせて作られてる、
飴のような触感を持つお菓子です。

その昔から子供たちに人気のお菓子で、フランスでは様々な形をしたマジパンが発売されています。
イルサンジェー本店でももちろん
マジパンを使ったお菓子や砂糖を使ったお菓子を、116年前から発売しています。

イルサンジェー本店で発売されているカラフルな砂糖菓子たち

それは、イルサンジェー1代目のオーギュストイルサンジェーが、116年前から作っているもので、イルサンジェー本店があるジュラ地方の子供たちのために、イルサンジェー一族が作り続けてきたお菓子でもあります。

ジュラで採れた野菜をモチーフにしたマジパンのお菓子のほかに、ショコラにもマジパンを使っています。

フランスでは珍しいマジパン製造機を使ってイルサンジェーの工房で作られるマジパン

また、イルサンジェーでは、工房に非常に珍しい、マジパンを作る機械があります。
マジパンは手間がかかり、作ることが難しいお菓子で、一般的なショコラトリーやパティシエは、自分で作らず、メーカーから買い付けることがほとんどです。

しかし、イルサンジェー一族は、昔から、マジパンを自家製で作っています。

機械に頼らず、最後は手作業で作りこみます

イルサンジェーの工房で作られた出来立てのマジパン

形を整えるときに使われているハケも、100年代々受け継がれてきたものです

自家製だからこそできる、
黄色のサフラン風味にしたマジパンが入ったショコラが完成したのです。

名門ショコラトリーで受け継いできた技術と伝統と、さまざまな経験から湧いてくるアイデアにより、逸脱したショコラを作り出すエドワール自身を表現したともいえるショコラ。

なくなり次第、次の入荷待ちとなります。

秋のショコラは、続々と9月中に発表される予定。
フランスの人間国宝の秋のショコラをこの時期に楽しんでください。

■マジパンショコラ以外のイルサンジェー伝統のショコラについてはこちらをクリック


■マジパンのショコラご購入希望のお客様、そのほかショコラご購入希望のお客様

下記事前来店ご予約フォームから、ご来店予約をお入れ頂き、
東京ブティックへご来店ください。心よりお待ち申し上げます。

■■■イルサンジェー東京ブティックのご来店予約はこちらをクリック


■イルサンジェー東京ブティックでは、ご来店時チョコレートのご購入のほか、
東京ブティックでしか食べることができないスペシャルデザートを、季節
にあわせてご提供しています。
ご来店ご予約時に、「デザート希望」とチェックをおいれください。

ご来店の際には、サロンを貸切で、その時期限定のスペシャルデザートをお楽しみ頂けます。

>>これまでご提供していたデザート一覧
※現在ご提供しているのは、アイススペシャルプレートです

◆今、イルサンジェー東京ブティックにご来店頂き、
フランス本国でしか食べられなかったデザートが食べられる!
今ご提供している、サロンデザートについて詳しくはこちらをクリック

More from my site