いつもイルサンジェーをご愛好くださり、誠にありがとうございます。

イルサンジェー東京ブティックでは、

イルサンジェーのショコラが購入できる世界でも2つしかないブティックとして、

フランスから、イルサンジェー当主4代目自身が作るショコラを、毎月直輸入してお届けしています。

今週到着するのは、イルサンジェーのショコラの中でも、

エドワール・イルサンジェー自身が産地まで出向きセレクションしたカカオと、

バラの花びらの組み合わせを存分に楽しめる「私のバラ」です。

 

bara

■ショコラと冷たい美酒とのマリアージュは、フランス流の夏の楽しみ方■
アルボア本店のあるジュラ地方は、フランス最古のワインの生産地として知られる、自然に囲まれた緑豊かな土地。

「休日は、裏庭に友人を集めて、キリっと冷やしたシャンパンやワインと、
アルボアの夏の素材で作られたショコラを食べながら、ゆったりとしたマリアージュを楽しむのがフランス流だ」
と4代目当主エドワール・イルサンジェーは話します。

「愛しの薔薇」は、フルーティーで辛口の、冷やしたシャンパンにぴったりだというエドワール。
一粒一粒が非常に濃厚に作られているため、何口かに分けながらシャンパンとのマリアージュを楽しむのがおすすめの食べ方だそう。

hs
シャンパンのフルーティーな香りと、薔薇の華やかな香りのあまりの相性の良さに、
クラスに手が伸びる回数がおのずと増えるはずです。
グラスから仄かに立ち上がる気泡を見ながら、ショコラを味わう。
ちょっぴり贅沢に、フランス流の時間を揺蕩うひと時です。

そしてショコラは味だけではなく、見た目の美しさも、個性際立つ味わいをさらに引き立てます。
<視覚>にもこだわりぬくエドワールの渾身の力作は「愛しの薔薇」。
今の時期にしか咲かない色鮮やかなピンクの薔薇の花びらを刻み、ゼリーにしています。
ゼリーに浮かぶ薔薇の花びらは、まるでピンクサファイヤを思わせるかのような淡い輝きを放ち、口に入れるのをためらうほど。

そして、この「愛しの薔薇」は、口に含む前から<嗅覚>を刺激し、
花びらを刻むことで香りが引きたち、ゼリーの中に濃密に閉じ込められています。
また、ベースにしているダークガナッシュにも薔薇を煮出したエキスを混ぜているので、
食す前にぜひ香りを楽しんで欲しいです。

薔薇の華やかな香りが幸せな気分を運んでくれるのは間違いないです。


【愛しのバラのご購入は、事前予約フォームから、来店予約をお入れ頂き、店舗にてご購入ください】

下記をクリックし、ご予約ください


1、エドワールイルサンジェー自身がカカオ豆の産地に行き、カカオ豆をセレクション

エドワールイルサンジェーは、産地に行き、カカオ豆がもっともよい状態のものをセレクション。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


2、すべて手作りで製造。現地でとれた素材を使ったフランスジュラが存分に楽しめる味

エドワールイルサンジェーは、イルサンジェー本店があるジュラ地方でとれた食材を、
お客様に楽しんで頂くため、その時期にとれた素材を使ってショコラを作ります。

今回の「愛しのバラ」のショコラは、イルサンジェー一族の庭に咲いたばらを使ったショコラ。

薄さ5ミリのバラの花びら入りのパットドフリュイとガナッシュの組み合わせをした、

このショコラの形は、その味と食感を一番楽しめる形になっています。

1口目に、花びらからかおる、北フランスジュラで育った強き香のバラ。

140611私のバラ(白抜き)

飲み込んだあと、のど元に残るカカオの芳香。

エドワールは、1つ1つのショコラによって、すべて形を変えます。

それは、食べた瞬間に最も素材の味わいとカカオとのマリアージュを楽しんで頂くために、考えています。

ぜひ、この時期到着したての「私のバラ」を、ぜひご体験ください。


【愛しのバラのご購入は、事前予約フォームから、来店予約をお入れ頂き、店舗にてご購入ください】

下記をクリックし、ご予約ください

7月18日~24日のご予約は、7月11日から開始となります。

【1日当たりお受けしている組数】
・平日:7組様
・土日:14組様

※土日14組様ご案内に関しまして、

1組様1時間お楽しみ頂けますが30分毎にお客様に入店頂いております、予めご了承ください。

火曜日は定休日でございますので予めご了承くださいませ。


 

各日とも、12時〜18時までの間で、1時間枠でご予約を承っております。
下記の空きスケジュールをご覧頂き、
ご希望の日時を下記リンクをクリックして頂き、必要事項を記載の上ご送信ください。
弊社からの返信を以ってのご予約完了とさせていただきます。
◆現在のご予約の空き状況はこちらから
◆ご予約フォームはこちらから

More from my site